漆の装飾技法

螺鈿 - らでん

螺鈿 - らでん
鮑(あわび)や夜行貝の薄貝を漆で貼り、その上から漆を塗り研ぎ出したもの。 貝の裏側に金箔を貼っておくと金箔が透けて美しい。螺鈿をする時は、たいていこの2つの貝を使うとカラフルで美しい。

漆の装飾技法に戻る