漆の装飾技法

蒟醤 - きんま

蒟醤 - きんま
黒漆を15回くらい塗り重ねて、それをきんま剣という漆用の彫刻刀で彫り、その中に色漆を埋め込み研ぎ出したもの。 私の作品の中では漆額の花の絵はほとんど蒟醤の技法を使っている。

漆の装飾技法に戻る